読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DTM初心者の作曲日記

初心者による初心者のための作曲ブログ!!

ブログのアイコンを変えました!!

どうもエフィーです。

 

ブログのアイコンを変えてきました!

 

今までは、エレキギターを持ったクマさんだったんですけど、ヘッドホン付けてる女の子に変えてきました。

 

 

f:id:effiy:20170206221437j:plain

 

↑新しいブログアイコンです。

 

なんで女の子にしたか?

アイコンがかわいい方がモチベーション上がるじゃないですか!!

 

 このアイコンはメルカリでrocoさんという方に書いていただきました。前々から、イラストオーダーには興味があったので今回書いてもらうことができてとてもうれしいです。

 

ツイッターも最近はじめ、このアイコンをトプ画に設定しています。全然フォロワー増えなくて泣きそうなので、よかったらフォーローしてください(笑)

@effiy_comツイッターのアカウントです。

 

 

誰でも依頼することができて、とてもかわいいイラストを描いてくれるので、興味がある方は調べてみてね!

 

ちなみに、作曲はいったんストップして今は耳コピをしてます。(初めて作曲して耳コピの大切さがわかったので)

 

てことで、今回は音楽の話は無しです(笑)かわいいイラストを描いてくださったrocoさん。ありがとうございました。

 

では、さようなら

 

作曲に挑戦しよう!!

どうも、エフィーです。

 

作曲始めました!!

 

全然思い通りの曲はできませんが、やらなきゃできるようにならないもんね。

 

一分の曲を作るのに3時間かかりました。(しかもまだ完成してない(笑))でもおかげで、studio oneの打ち込みに慣れることができたのでよかったです。

初音ミクは難しすぎたので、後でやります(笑)

 

何からやればいいのか全く分からなかったので、自分はベースから作成しました。そこに、ピアノでメロディを付けていきました。

 

コードから作り始めるのいいよ!!とか書いてあったけど…

 

コードの作り方が分からねえ…

 

コード理論?何それ?状態なので、コードから作成するのは無理でした。(ギターのコード引きとかはできるから、勉強すれば案外できるかもですが)

 

ベース→メロディ→もう一個メロディ→和音モドキ→ドラムの順で作っていきました。

 

和音はうまくできたか分かりませんが、きれいに聞こえれば大丈夫って誰かが言ってた気がするので良しとします。

 

まだ、最後まで完成してないので、残りの部分はこの流れで作成していくつもりです。

 

あと、耳コピは大事だなと思いました。ベースの作成の時耳コピした曲のベースを思い出しながらやることによってあまり変にならずに済みました。

 

耳コピも継続してやっていきたいです。

 

作曲してみて勉強不足だなと痛感しました(笑)だけど、楽しく作曲できてよかったです。苦にならない程度にまったり勉強しつつ作曲頑張っていきたいと思います。

 

これ、覚えておくと得だな~って思ったことがあればブログに書いていこうと思うので見ていってください。

 

今回作った曲をブログに乗せようとしたんですけど、やり方がわかんなくて断念しました。(mp3は貼り付けられないっぽい)まあ、みんな低クオリティの曲なんて聞きたくないだろうし、もう少しうまくなるまでは載せないでいいかな?苦笑

 

ご覧いただきありがとうございました。

耳コピできた?

どうも、エフィーです。

 

資格試験が多くて最近更新できませんでした、忙しかったです。勉強の合間を縫って耳コピの練習するのが精いっぱいでした。

 

やっと検定が終わったので、またブログ更新していきたいと思います。よろしくです。

 

あ、ちなみに受けた検定は漢字検定準2級です。(どうでもいい)

 

DTMの方はというと、試験勉強の間に、少しずつやっていた耳コピがやっと終わりました!

 

f:id:effiy:20170201225236p:plain

 

studio oneで初めて耳コピ完成できました。

やっぱりstudio one難しいです。まだ全然慣れません。

 

操作面が難しいのはもちろん、一番困ったところは音源の種類が多すぎてどれを使えばいいのかわからないところでした。

 

音源が多いのはいいことなのですが、どれを使えばいいのかわからなくてかなり時間を使いました。でも、これは耳コピをすることによって解消されてくると思います。(いろんな曲を耳コピするといろんな楽器が出てくるので)

 

操作がうまくできるようになったら作曲に入ろうと思っているので、作曲が始まるのはまだまだ後になると思います。(笑)

 

あと、今回の曲にボカロ音源を入れようかと思ったのですが、思ってた以上に難しく諦めました(笑)ボカロ音源の挿入もstudio oneの使い方がマスターできたらやろうと思います。

 

これからもしばらく耳コピをしていくことになるので、あまり面白い記事は書けないかもですがよろしくお願いします。

 

 

 

 

一緒にギターやりませんか?

どうも、エフィーです。

 

studio one難しい…。現実逃避してギターの話をします(笑)。

 

自分は趣味でアコギやってるのですが、これがとても楽しいのでいろんな人にやってもらいたいのです!

 

一年目なのでまだ下手ですが趣味としてギターをやるのは楽しいですよ!

 

コードについて学べるし、相対音感も鍛えられるので作曲にも役立つかも!?

 

エレキじゃなくアコギをやってるのはおさむらいさんというソロギタリストの影響です。

 


8年ぶりに「丸の内サディスティック」アコギでロックしてみた

 

かっこよすぎ。一目ぼれ(一聴き惚れ?)しました。

 

現在自分もソロギター練習中です。(#^^#)

 

ちなみに使ってるギターは島村楽器の通販で買いました。製造会社はたしか[エピフォン]です。初心者セットで15000円!!安い。

 

 

  ↑こんな感じのやつ買いました。

 

 

ギターの質なんてどうだっていいんですよ、弾ければいい。楽しければいい。それでいい。←(上級者さんにに怒られそう(笑))

 

始めたばかりで高いギターを買って挫折なんかしちゃったら悲しくなりますしね。

 

楽譜はネット上にいくらでもあるので、ギターさえ買えばいくらでも練習できます。

 

新しい趣味を探してる人。音楽が好きな人。一緒にアコギやりませんか?

 

ブログで作曲の事だけでなくアコギのことも少しずつ書いていきたいです。

 

ご覧いただきありがとうございました。

 

 

studio oneの便利なショートカットby win

どうもエフィーです。

 

資格勉強が忙しくて、耳コピもブログもやる時間がなくて辛いです。

 

検定が終わったら耳コピするぞー!!

 

次にstudio oneを使う時、簡単に打ち込みができるように空いた時間で個人的に使えそうなショートカットをまとめておこうと思います。

 

 矢印とペイントの切り替え

1番便利だと思ったのは、「ctrl」長押しです。通常painterツールと矢印ツールを切り替える時には左上のツール一覧をクリックしなければいけません。ですがピアノロール上でctrlキーを押すと、矢印とペイントを切り替えることが出来ます!これ凄く便利です。

 

1つ戻る&1つ進む

これはWindowsを使っている人なら知ってるかと思います。

ctrl+zで直前の動作を取り消せます。

また、ctrl+yでctrl+zの動作を取り消せます。

この2つのショートカットも、とても便利でした!

 

ピアノロールの拡大、収縮

w、y でピアノロールを横に広げたり縮めたりできる。

またshift+w、yで縦に広げたり縮めたりできる。

ピアノロールの幅が小さくて打ち込み間違えることがあったのでこれを知った時は感動しました。

 

shift+マウスホイール

shiftを押しながらマウスホイールを回すとピアノロールが進んだり戻ったりします。これもまた便利

 

 コピー&ペースト

windowsユーザなら使ったことあるかもしれませんが、

ctrl+cで選択した物をコピー。

ctrl+vでコピーした物を貼り付けできます。

いちいち右クリックしなくてもいいので楽!

 

とりあえず自分が便利だと思ったショートカットはこれくらいです。もっと沢山あると思うので便利なのがあったらまた紹介します。

 

スマホからなのでstudio oneの画像載せられなくてスミマセン。時間があるときに画像追加して更新します。

初音ミクv4x付属のstudio oneを使ってみる。

どうも、エフィーです。

 

studio oneをインストールしたので、軽く紹介します。

 

初音ミクv4xに付属してきたstudio oneを使ってみたのですが…

 

これ難しくない?

 

自分がdawソフト初心者だからそう感じるだけかもしれませんが、かなり操作が難しかったです。

 

3時間くらい触ってみて何とか音は出せたもののまだ全然操作に慣れません(´・ω・`)

 

でも、無料dawソフトより遥かにできることや音源は豊富なので早く使い方に慣れ、作曲に入っていきたいです。

 

これから、このブログに自分のノートとしてstudio oneの使い方を書いていこうとと思いますので、daw初心者の方は参考にしてみてください。

(参考になるか分かりませんが(苦笑い))

 

とりあえず今回は既存の音源を鳴らす方法を書きます。

 

f:id:effiy:20170124182500p:plain

 

起動するとこのような画面になるので、新規ソング作成をクリック

 

f:id:effiy:20170124182712p:plain

 

するとこのような画面になるので、右上のソングタイトルのところに好きな名前を入力します。

 

左にいろいろ書いてありますがよくわからないので、今は空のソングを選んでokをクリック。

 

そうすると、編集画面が開けます。

f:id:effiy:20170124183247p:plain

右側にメニューが表示されるので、インストゥルメントをクリック!

ちなみにインストゥルメントとは楽器という意味です。

 

f:id:effiy:20170124183633p:plain

このような画面になります。(正直このあたりからよくわかんなくなってくる)

 

f:id:effiy:20170124183840p:plain

presenceをクリック→Artist instrumentsクリックすると

f:id:effiy:20170124184107p:plain

こうなる。

bass、combinations、guitarなど様々な楽器だ出てくるので、好きなのをクリックすると、その種類の楽器がたくさん表示されます。ギターならアコギ、ナイロンギターなど

 

その中で使いたいものを画面右側にドラックアンドドロップ!!

 

すると、こんな画面になります。

 

f:id:effiy:20170124184659p:plain

 

鍵盤をクリックすると音鳴ります。

 

f:id:effiy:20170124184904p:plain

 

違う音にしたい場合は左上の楽器名が書かれているところをクリックすると、ほかの楽器が表示されます。

 

楽器が決まったらとりあえず、インストゥルメントのウィンドウが邪魔なので端っこに置いときます。

 

f:id:effiy:20170124185237p:plain

 

そしてペイントツールを選択してトラック1のところでドラックアンドドロップ。

 

f:id:effiy:20170124185416p:plain

 

これで音を打ち込むスペースができました。

 

ペイントツールから矢印に変更してさっき作ったスペースをダブルクリック

 

f:id:effiy:20170124185629p:plain

 

f:id:effiy:20170124185758p:plain

 

ピアノロールが表示されるので、あとは打ち込むだけです。

 

ダブルクリックをペイントツールでやってしまうとピアノロールが開けないので注意!

 

編集を保存するときはファイル→保存 でOK。

f:id:effiy:20170124190124p:plain

 

操作が難しく、まだまだうまくできませんがその分できることも多そうなので早く使いこなせるようになりたいです。

 

ご覧いただきありがとうございました。この記事が少しでも誰かの役に立てたらすごくうれしいです。

 

 

 

 

作曲少女という本を読んだ

どうも、音楽作成ソフトstudio oneに絶賛苦戦中のエフィーです。

 

今回は、本の紹介です!

 

紹介する本はこれ!

 

作曲少女~平凡な私が14日間で曲を作れるようになった話~

作曲少女~平凡な私が14日間で曲を作れるようになった話~

 

 

          作曲少女~平凡な私が14日間で曲を作れるようになった話~

 

個人的にはかなり良書だと思います。ライトノベルなのでとても読みやすく、ストーリーも面白かったです。さらに読みながら音楽のことも勉強できるいういいことずくめの本です。

 

これを読むだけで、なぜか作曲できるようになった気がします。(個人差あり(笑))

 

難しい話が一切なくて音楽超初心者でも理解できるようになっています。難しい専門用語とか一切なし!初めて出てくる音楽用語は登場人物の珠ちゃんこと黒白珠美ちゃんが解説してくれます。

 

いろんな音楽理論所が発売されてますが、専門用語とかが出てきたりして理解できないところがあるんですよね(-_-;)

初心者向けの本なのに解説なしで専門用語を載せてくるとか初心者つぶしなの?(笑)

 

音楽理論についての内容は、さすがに他の本格的な理論書には及びませんがkeyや曲の構成などの大事な部分は抑えてあるのではじめての音楽理論書としてはとてもお勧めできます。(自分もkeyや構成のことなどはこの本で初めて理解しました。)

 

そして、何よりこの本を読んだ後作曲に対してのモチベーションが上がります!

 

小説兼、理論書としてもとても良い本でした。(挿絵もとっちもかわいかったです。)初心者にはもちろん上級者様もぜひ読んでもらいたい本です。

 

この本を読んだおかげなのかは分かりませんが読書後自分でも1分程の長さですが曲を作ることができました!(Dominoで)

 

何度も言いますが、とてもお勧めできる本です。気になった方は是非読んでみてください。

 

ご覧いただきありがとうございました。studio oneの勉強頑張ります!